2005年12月09日

民主党が独自性を発揮するには

首相が衆院選直後「大連立」打診、民主・前原氏は拒否(読売新聞)


 小泉首相が先の衆院選直後の9月下旬、民主党の前原代表に対し、連立政権構想を打診していたことが8日、明らかになった。

 関係者によると、首相は自らに近い人物を通じ、代表に就任したばかりの前原氏に自民党との「大連立」を持ちかけたが、前原氏は自民党に対抗する勢力が必要であることなどを理由に、即座に断ったという。

 (中略)

 前原氏は訪問先の米国・ワシントン市で7日午後(日本時間8日早朝)、記者団に対し、「自民党との連立の可能性は99・99%ないし、選挙によって政権交代を実現したいという考えに全く変わりはない」と述べた。

(2005年12月8日14時44分)

 代表が代わっても民主党は民主党のままのようだ。衆参両院で議員総数の3分の2の賛成があれば憲法改正の発議を行うことができるのだが,今のままでは与党が憲法改正に関する動議を提出した際に,民主党が反対にまわる可能性がある。

 「自民党に対抗する勢力が必要」というのは昔の社会党や共産党などの主張のカーボンコピーに過ぎず,民主党独自の政治思想とはいえない。かつての両党は自民党が提出した法案に対して常に批判を行い,何ら建設的な修正案を示すことはなかった。その社会党OBが民主党の一翼を担っているだけに,民主党はかつての悪癖から抜け出せずにいる。

 そもそも自民党も民主党も,愛国者がいれば売国奴もいるという点では共通している。自民党には安倍晋三がいれば河野洋平もいて,民主党にも西村真悟(逮捕されたが)がいれば岡田克也もいる(以上,敬称略)。独自色など出そうと思っても出せまい。前原氏はその点を誤解している。現時点での民主党の存在理由は「アンチ自民党」の受け皿であるという一点に過ぎない。自民党は民主党がなくても存在できるが,民主党は自民党がなければ存在できない。たとえ政権交代が成っても,今のままではかつての村山政権のように何もできずに終わりを迎えるだろう。

 民主党が真に独自色を発揮するためには,まず旧社会党(並びにこれに類する政策を支持する)議員を一掃することから始める必要がある。ああいう時代遅れの議員には速やかに社民党にお帰りいただくのが筋だろう。そして,与党が提出した法案に対しては実践的見地から批判を加え,必ず修正案を提出する。与党が提出した原案と民主党の修正案からさらによい法案を作ることができる。ヘーゲルの弁証法のようなものだ。

 旧社会党議員の一掃はともかく,提出された法案に対して修正案を提示することができれば,民主党もいくらかの独自性が発揮できることだろう。換言するならば,過去の野党はそれを怠ってきたから一定以上の支持を獲得することはなかった。ただ反対するだけなら子供でもできる。我々は野党議員に議場で野次を飛ばさせるために高い給料を払っているのではない。

 私は国会議員に難しいことを要求しているわけではない。私が主張しているのは
「給料分の仕事をしろ」
という一点のみである。
posted by 火銛 at 17:19| Comment(4) | TrackBack(2) | 提案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

空から温暖化を監視

旅客機で上空のCO2測定、温暖化解明へ世界初の観測(読売新聞)

 国際線旅客機に搭載した測定器で上空の二酸化炭素(CO2)濃度を調べる世界初の観測が5日から始まる。


 国立環境研究所(茨城県つくば市)と日本航空などが協力して行う。

 航空機を「動く観測基地」として使うことで、シベリアや東南アジアなど、これまでデータが乏しかった地域の測定が可能になり、二酸化炭素濃度が大きく影響するとされる地球温暖化のメカニズム解明などに役立つと期待される。

 大気上層の二酸化炭素濃度測定は、地上の観測施設のほか、衛星観測の技術も開発中。しかし、地上からの観測は高精度だが観測範囲が狭く、逆に衛星では範囲が広すぎて精度が落ちる。

 航空機での測定は、両者の弱点を補おうと考え出されたアイデア。赤外線分光計を使い、二酸化炭素濃度を10秒から1分間隔で測定できる。

 (中略)

 測定器を搭載する5機は、シベリア上空を通過する欧州路線や、東南アジアのシンガポール線などを飛ぶ。これらの地域は針葉樹林や熱帯雨林が広がっており、観測施設の「空白地帯」となっていた。

 計画に参加している宇宙航空研究開発機構の小川利紘・東大名誉教授は、「地球規模での二酸化炭素の循環や、熱帯雨林が持つ二酸化炭素の吸収能力などの解明に役立つはず」と話している。
(2005年11月4日14時35分)

 飛行機を使った二酸化炭素濃度の測定は衛星と地上観測の間を埋めるという点で画期的な方法といえる。特に東南アジアは観光地化や経済発展のおかげで国際航空路が充実しているので、二酸化炭素の分布を調べるのに適している環境だ。

 今回、東南アジアとシベリアが観測区域に追加されたのは良いことだが、例えばアフリカなどの飛行機があまり運航されていない地域の観測はどうすればよいだろうか。アフリカには大きな空港が少なく、日本からの直行便がないことからも航空路が少ないことがわかる。大型機は運航しておらず、地形の関係上地上設備の設置にも限界がある。観測装置の重量にもよるがあえて考えるならば、やはり小型機に搭載して飛ばすといったところか。

 もうひとつ疑問がある。飛行機自体が出す二酸化炭素は観測に影響を与えないのだろうか。ジャンボのような大型機は例外なくジェットエンジンを搭載しており、消費する燃料は膨大な量になる。燃料の消費が激しいということは、それを燃やして発生する二酸化炭素の量もまた多いということ。観測に使われる機体が少ないことと、観測機器が機体下部に取り付けられることから誤差の範囲内と判断したのかもしれないが、気になるところではある。


11/06追記
 ゆんなのだいしゃりんの管理者の方へ

 本記事に対してトラックバックを送られたようですが、貴サイトの内容は本記事の内容と関連するとはいえないと判断したため、当該トラックバックを削除しました。
posted by 火銛 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 提案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

ネットとテレビの間には

 ライブドアで行われている企画「ネットと連動した番組企画を募集!」に一枚噛んでみることにした。

「テレビ番組とネットの融合」とはライブドアの堀江社長が散々口にしてきたことだが,ついぞその具体案を聞いたことがなかった。やはり思いつかなかったのか,こうして募集することになったらしい。

さて,その具体案だが,国会中継をネットで行うというのはどうだろうか。現在,国会の委員会や本会議の模様はNHKで中継されているが,平日の昼間であるため視聴者は限定されており,再放送を行うような番組でもない。テレビ番組で国会の模様が取り上げられることがあるが,<過去に何度かあったようにマスコミが前後の脈絡を無視した映像編集をすることによって世論がミスリードされる可能性がある(参考)。そこで,国会の議事録を元にブログを作成し,トラックバックやコメントを募る。そうすれば,誰もが国の政策決定の当事者になることができ,投票率低下にも歯止めがかかるのではないだろうか。また,ブログの管理は衆参両院のうちいずれかもしくは政府に委託する。もっとも,悪意のある見方として,政府が意図的に発言を歪曲する可能性がないわけではないが,既存の国会中継と連携させることと野党議員の記憶力によって回避できるだろう。

 さらに副次的な効果として,国民が議員の資質を直接判断することによって議員の側にも緊張感が生まれ,より本質的な議論が生まれることを期待している。国民は国会議員が議場で居眠りするとわかっていながら投票し,給料を支払っているわけではない。多忙なのは理解できるが,もっと緊張感を持って臨んでもらいたいものである。

 余談になるが,議員の居眠り対策としてwebカメラを議場に取り付け,ブログとあわせて公開するのも良いかも知れない。
posted by 火銛 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 提案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。