2005年07月25日

はじめての言論弾圧

 今朝のことだが、リアルで言論弾圧の現場に遭遇してしまった。
◆ちょっとHな事件簿◆」というブログで自衛官のわいせつ事件を題材に『警察官や自衛官の飲酒を禁止すべき』という趣旨の意見が掲載されていた。私はこれに対し反論を投稿したのだが、数日後に確認したところ削除されていた。証拠の画像は以下。

genron.JPGgenron2.jpg
画像に示すとおり、私が投稿したのは以下の文章である(原文ママ)。

はじめまして。火銛という者です。
『警察官や自衛官の飲酒を禁止すべき』というご意見ですが、私はこれに賛同致しかねます。その理由は以下の二つです。

1.人権侵害の可能性がある。
警察官や自衛官も人間であり、憲法が保障する基本的人権によって保護されます。この中には当然、飲酒をする権利も含まれると見るのが妥当でしょう。

2.警察官・自衛官に対する名誉毀損の可能性がある。
確かに警察官や自衛官の一部はこういった犯罪を現に起こしています。しかし、それは警察官・自衛官でない人も同様のはずです。貴殿の文章は特定の職業に従事する人をあたかも犯罪者の集団であるがごとく書かれており、警察官・自衛官に対する名誉毀損であると考えます。

貴殿は職業によって人を差別するのでしょうか?確かに警察官や自衛官は『人を殺す』ための能力を持っています。しかし、彼らがその能力を持っているのは第一に国民のためである筈です。警察官の拳銃使用規制が改められたのは、発砲を躊躇していては警察官自身が危険にさらされる可能性があるからであり、そのような事例が現に起きていました。自衛官も同様、本来は国民が行うべき自国の防衛を職務としています。我々は彼らに対し敬意を払いこそすれ、侮辱すべきではないと考えます。

以上、偶然に見かけたのですが看過できなかったので書き込みさせて頂きました。

以上の文言に対し、リンク先サイトの管理人氏はこれを削除した上で以下のように述べている。

困ったものだ。アドレスも明かさない非難は落書きとみなして削除します。
しかし、警官や自衛官を一般人と同等に論じるなんてナンセンスだなぁ。

 これは警察官や自衛官に対する差別とも取れる悪意ある文章である。しかし、警察官・自衛官の基本的人権が制限されるべき法的根拠はどこにあるのかは明示されていない。言うまでも無く、職業による差別は憲法第14条によって禁止されている。

 当該サイトの管理人に告ぐ。反論があるならば削除などせずに正々堂々と意見を戦わせたらどうか。ネット上の公衆の意見を求めないのならばコメント欄を開けておく必要はないし、画像を見れば分かるとおり、私が投稿したコメントはできる限り感情的な表現を排して書いたつもりだ。それに貴殿もメールアドレスを載せていない。条件は同じはずだ。

 ちなみに私は憲法21条で保障された表現の自由を尊重しているので、明らかな誹謗中傷と宣伝以外のコメントやトラックバックは削除しない。

追記
posted by 火銛 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

本日のお買い物(050723)

 本日購入したものは次の通り。

1.『亡国のイージス』劇場前売券 1,300円
2.服部真澄『龍の契り』 105円
3.奥宮正武『平和と戦争の研究』 105円

 1は映画の前売りチケット。原作はすでに読んでいるのだが、本物の迫力をどれだけ伝えてくれるのか楽しみな作品。

 2は香港返還を題材にしたサスペンス小説。桜井よし子氏の賛辞と、同じ著者の『鷲の驕り』『GMO』が面白かったこともあり購入。

 3は戦争のメカニズムに興味があったため購入。ページ数も多く、目次を見た限りでは期待できそうな内容。

追記
posted by 火銛 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久々の地震を経験

 本日1635時に発生した地震は、首都圏各地の交通機関のほとんどを麻痺させるに至った。私はこの時、横浜のBOOK-OFFで漫画の立ち読みをしていた。突然の微小な縦揺れの後、やや遅れて強い横揺れが発生した。店内では本が何冊か崩れるなどしたようだが、目立った損害は無かった。

 私はこの時、揺れは強かったものの差ほど大きな地震ではないと考え、店内にとどまっていた。買うべきか買わざるべきか悩んでいた2冊の本を結局買った後、1820時に横浜駅へ戻ったところ、JR線のすべてが運転を見合わせていた。私の家は横浜駅から電車で30分ほどのところにあり、JRが使えないとなると、ほかに直接最寄り駅へ行く方法は無い。幸いにして市営地下鉄が振替輸送を行っていると放送があったので、地下鉄とバス2本を乗り継ぎ、2010時にようやく家にたどり着いた次第だ。

 たまたま荷物の中に入っていた携帯ラジオで情報収集を行っていたが、1830時の段階ですでに18人の負傷者が出るなど、かなり大きな地震だったことを知った。もしこの地震がマグニチュード7を超える巨大なもので、交通機関が麻痺してしまったらと考えると、安堵してばかりもいられない。その時に対する備えを検討しているが、まとまったらこのブログで発表したい。
posted by 火銛 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

バレーボール中継に注文

 バレーボールの世界大会が終わったようだ。1勝4敗という残念な結果で幕を閉じることになったが、総じて健闘をしたといってよいと思う。いくつかのミスはあったものの、それを補うファインプレーも随所に見ることができた。

 転じて、中継の方法に関して二つほど注文をしたい。

・国歌演奏の際の解説
 試合前に両国の選手が整列し、国歌を演奏するが、この時に解説を入れないで貰いたい。国歌の演奏は国際試合の前に儀礼として行われるものであり、黙って耳を傾けるのが筋というものだ。NHKが行った大リーグの中継(恐らく)では国歌が流れた際に余計な声が入ることは無かった。NHKも妙なイデオロギーを持っているので外国に対してだけかもしれないが、これが国際標準だろう。
 国歌はBGMではない。その国の歴史を体現する崇高な歌であり、むやみに毀損をすることは許されるものではない。フジテレビの態度は、相手国代表に対しても日本代表に対しても非常に失礼なものと言わざるを得ない。

・アイドルの応援
 「NEWS」と称するアイドルグループが出ていたが、これも不要である。観客はバレーボールの試合を観戦するために会場に来たのであり、彼らの下手なショータイムを見るためではない。NBAでは試合の合間にショータイムが設けられているが、こちらはチーム専属の応援団によるものであり、一アイドルグループの売名のためではない。
 また、放送席で解説者の隣に座って愚にもつかないコメントを述べていたが、これも特に示唆に富むようなものではなかった。挙句、飲酒をして補導される始末である。視聴者に対して情報を提供するならば、解説をもっと増やしてもらいたい。選手の状態や試合の流れなど、視聴者が知りたいことは他にあるはずだ。

 テレビ局にとっては、スポーツの国際試合すらも視聴率を稼ぐ手段でしかないのだろうか。昨今のオリンピックやワールドカップの例を見ると、「スポーツの商業化」という流れはもはや必然とも考えられる。観客にとって、また選手にとってそれは良いことなのだろうか。
posted by 火銛 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

自己紹介

そういえば自己紹介がまだだったので、この辺で行ってみる。

私のHNは『火銛(ひもり)』、神奈川県在住の大学生で、もうすぐ20代になる日本人男性である。趣味は読書と考えることで、時々妙なことを思いついては周囲を困らせている。

性格に関しては自分で説明しづらいので、エゴグラムによる性格診断を引用する。


・性格
現実主義タイプで、精神的にはタフネスです。自分の置かれている立場とか、為すべき仕事の範囲などを的確に把握していて、その実現に精神を集中できるタイプです。仕事には厳しいが、思い遣りや同情心も高く、合理的反応を誤る事は滅多に有りません。自己表現を計る事に忙しい為に、趣味や娯楽など人生のゆとりに属する部分を、段々と切り詰めて行く可能性が少なく有りません。

・恋愛・結婚
余り世間の常識から掛け離れた男女関係などに踏み込む可能性は、殆ど無いタイプです。大人の恋愛、大人の結婚をするタイプなので、艶色のスキャンダルを起す危険性は、先ず有りません。結婚後は、仕事と子供を中心に夫婦関係が回転して行く極く普通の家庭を築く可能性が非常に高いでしょう。

・職業適性
性格的には仕事なら何でも御座れ、のタイプです。各方面の職業に対する適応の巾が物凄く広く、後は才能と努力次第と云う事になります。

・対人関係
責任や道徳を他人に厳しく云う代りに、自分にも厳しく、同情心、寛容心がかなり高い事とも相俟って、ケースバイケースの適格な判断を誤らない言動は、周囲の人々に高い評価を受けるでしょう。しかし、そう云う高次元の領域ばかりが先行してゆくと、知らず知らずの間に四角四面の人間が出来上がって行き易いものです。今後は趣味や娯楽の面も、等閑視しない事が必要でしょう。


(以上引用)
との事である。なお、この評価には概ね同意している。

このブログの編集方針だが、主として社会情勢に関するコメントやふと思いついた面白いアイデアを扱っていきたいと思う。ただ、某政党のような「批判のための批判」にならないように、反対意見を述べる時は必ず代案を提示する。過去に書いた3つの記事で社会問題を扱いつつ
もそれぞれ対応策を提案してきたので、この方法を通していくつもりである。

以上の方針で、これから頑張っていきたい。
posted by 火銛 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。