2005年11月18日

携帯防災のすすめ(その10)

筆者注:今回の内容は前のエントリの続きになっているので、未読の方はその9を先にお読みください。

・帰宅訓練を終えて

 今回の帰宅訓練を元に避難時の行動を考えてみた。まず重要なのは、防災セットがあるからといって無闇に避難しようとしないことだ。大規模災害時には主要な道路で交通規制が行われる他、その道路が寸断されていることも考えられる。似たようなことを考える人は意外と多いもので、災害発生後しばらくすると、帰宅難民となった人々が数万人単位で主要な道路に殺到することも予想される。まずは落ち着いてラジオやテレビなどのメディアを通じて情報収集を行い、落ち着いて次にとるべき行動を決める必要がある。

 過去の記事では触れなかったが、徒歩で通勤・通学する人でも避難するときには地図が必要になる。というのも我々は普段、周りの建物の位置関係を見ながら道を覚えているので、建物が崩れる可能性が高い地震の場合には、その記憶が使えなくなってしまう。そこで、電柱や交差点名などから現在位置がわかる道路地図を1冊は用意しておくとよい。少し大きめの本屋に行くと文庫サイズの都市圏地図があるので、鞄の中に入れておくと安心できると思う。

 また、これは避難中に気づいたことだが、避難する道のりが20km以上に及ぶ場合は行程を2日間に分けるなど疲労を軽減する対策を採らないと、今回の私のように全身の筋肉痛に苦しむことになる。普段あまり運動をしない方ならばなおの事気を遣う必要がある。ただ、行程中に都合よく避難所があるとは限らないので、事前によく確認することが大事だ。下に紹介する地図には、東京、大阪の各都心から避難する場合の経路とその途中にある支援施設が方向別に掲載されている。ただ、掲載されている範囲がごく限られているので、そこから外れている地域に住んでいる人には不満の残る内容。


posted by 火銛 at 22:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いったい何をしているかと思えば・・・
;^^)

ま、一度歩いておけば2度目はよりスムーズにいけますね
Posted by TFTRDH at 2005年11月21日 00:07
はじめまして。時々読ませてもらっています。
今回は大変でしたね。
私も東京〜神奈川をほぼ毎日通っていますが、もし、災害が起こったら帰れなくなりそうでとても不安です。
Posted by 華月 at 2005年11月21日 16:08
>TFTRDH氏
 何をしているか、といわれましても非常時に備えるためには必要なことです。;^_^)おかげで少々認識を改める必要があったので、筋肉痛と引き換えなら安いものです。

>華月氏
 はじめまして。お読み頂きありがとうございます。大変でしたが、それ以上に実になる結果を得たので自分としては非常に満足しています。災害に対する不安は無論あるでしょうが(私もそうです)、それを最小限に抑えるためにもこうした備えは必要と考えています。まずはネットを使って少しずつ情報収集をされると不安も少しは和らぐのではないでしょうか。
Posted by 火銛@管理人 at 2005年11月21日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9506199

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。