2005年10月07日

携帯防災のすすめ(番外その1)

 以前読んだ小説に書いてあったのだが、コンドームには1リットルの水が入るという。私には信じられなかった。いかににゴムの伸縮性が高いとはいえ、高々10cm少々の長さしかないコンドームに1リットルもの水を入れられるわけがない。そう考えていた。

 だがその小説にはこうもあった。水が1リットルも入るコンドームは、ジャングルで水筒を失くしたときに使うという。非常用にわざわざ水筒など用意しなくとも、あるいは水筒の予備として、コンドームを利用することは可能なのではないか。

 そこで私は、本当にそれが可能なのか、実験を試みることにした。

 用意するもの
・コンドーム(無印良品 4個294円)
・水(1リットル)

 実験日:平成17年9月某日
 実験場所:都内某所

wtcr02.jpg コンドームを開封したところ。潤滑剤が含まれているので、実際に水筒として使用する際には内部の消毒を行う必要がある。このまま水を入れるとゴムが伸びず、すぐにあふれてしまうため、リング部分を軽く伸ばしてから水を入れると良い。

wtcr03.jpg 手始めに水を0.5リットル入れてみたところ。水の重さでいつ切れるか不安でもあったが、形状からするとまだまだ伸びる余地があるようだ。

 この後、残りの水を入れようとコンドームを地面に置いたところ、破裂した。地面には特に尖ったものはなかった。引っ張りには強いが、衝撃には弱いようだ。仕方なく、コンドームを新しく用意して同じ作業を繰り返した。


wtcr06.jpg 1リットルの水が入った。予想以上の成果だ。自重でかなり垂れ下がってはいるが、切れるような気配はない。引っ張りに強いゴムの特性が最大限に活かされている。

 あと何リットルか水が入りそうだが、今回の実験の目的は「コンドームに1リットルの水が入るのかどうか」を検証することなので、興味のある方は御自分でどうぞ。


 この水入りコンドームを手で握ってみたが、破裂することはなかったので圧迫には強いと考えられる。尖った物にさえ気をつければリュックサックなどで運ぶことができるだろう。しかし刃物には弱く、カッターナイフで2,3回撫でただけで簡単に破裂してしまった。また、ゴムの匂いが手についてしばらくは離れないので、緊急時以外は使用しないほうが無難だと思う。

 ・結論
 ゴムの匂いさえ気にしなければ、1リットル程度の水は十分に入る。しかし、衝撃を与えたり、尖った物に触れると簡単に破裂するため、取り扱いには注意を要する。
posted by 火銛 at 19:06| Comment(5) | TrackBack(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
コンドームに水1リットルが入るなんて驚きです。
 2枚重ねにすれば破裂の問題も低減されそうですね。

 しかし、これから水を飲んでいる姿は人に見られたくないです。

 奥様に携帯しているコンドームを見つかってしまった時の言い訳としては最高かもしれませんね。
 きっと週刊誌に投稿したら受けます。

くだらないコメントで失礼致しました。
Posted by isana at 2005年10月08日 01:47
実際にやるとは驚きでした。昔のコンドームはゴムが分厚かったそうなので、もう少し丈夫だったかもしれませんね。
Posted by TFTRDH at 2005年10月08日 16:55
マルチレス失礼します。

>isana氏
口を結ばなければいけないので、コンドームから少しずつ水を飲むことはほぼ不可能でしょう。
給水所などからの運搬に使用するのが適当と思います。

>TFTRDH氏
少し調べてみたのですが、最近のコンドームは大きいサイズや強度の高い材質の製品が
発売されているそうで、これらを使ってみるのも良い方法かもしれません。

ともあれ、コンドームに関するネタはもうひとつ用意してありますので、もうしばらくお付き合いください。
Posted by 火銛 at 2005年10月10日 17:51
買う時恥ずかしくありませんでしたか?
Posted by w at 2006年04月11日 01:17
コメントありがとうございます。
別に恥ずかしいとは思いませんでした。実験以外の目的で使う予定もなかったので、特に恥ずかしがる理由もありません。
Posted by 火銛@管理人 at 2006年04月11日 22:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7842293

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。