2005年09月15日

携帯防災のすすめ(その6)


・栄養

 前項では主にカロリーの摂取について取り上げたが、人間の体はデリケートなもので、各種のビタミンやナトリウム、マグネシウム、鉄などの金属類を継続的に摂取しなければ調子を整えることができない。通常は2,3日の間摂取しなかったとしても死ぬことはないのだが、緊急時に加わる精神的ストレスと、生鮮食料品の大幅な不足によってビタミン・無機塩類を摂取できない状況が続いた場合、病気などで体の調子を崩すことが考えられる。

 最近はダイエット志向などの煽りを受けてか、サプリメント市場が急激に成長している。サプリメントとは栄養補助食品のことで、1日に必要な栄養素を錠剤またはカプセルの形で摂取することで不足しがちな栄養素を補うというものである。最近ではリポ酸だのカルチニンだの訳の分からないものが増えつつあるが、ここではビタミンと無機塩に絞って考えたい。

 栄養素の標準所要量と上限値は厚生労働省webサイトに記されている。これを満たし、かつ水なしで摂ることができるサプリメントは何種類かあるが、ほとんどは継続的な使用のためにボトルに入っており、携帯可能な製品は非常に少ない。

 私は明治製菓の「サプリメントスクエア マルチビタミン」(7日分,189円)を一袋携行している。この製品は2粒で成人1人が1日に必要とするビタミンを摂取することができるという。厚生労働省の基準と照らし合わせると女性の基準を上回り、男性の基準には若干届かなかった。また、基準に示されているビタミンのうちビタミンKとピオチンに関して記述がなかったが、この2種類の栄養素は欠乏症に陥る可能性が低いために省かれたのだろう。

 参考サイト:Wikipedia ビオチン ビタミンK

 一方、無機塩に関してはサプリメントスクエアのラインアップにあるものの、水を必要とするため携帯は難しい。ナトリウムやマグネシウムは食塩で何とかできるが、鉄は不足すると貧血を起こしやすくなるため、不安な方はのサプリメントも合わせて携帯すると良いと思う。水なしで食べられるマルチミネラルなどの製品の情報があればお知らせいただきたい。
posted by 火銛 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。