2005年08月09日

郵政民営化は悪政か

 小泉首相は昨日、憲法第7条の規定に基づき衆議院を解散した。参議院で郵政民営化法案が否決されたことによるもので、今回の選挙は事実上、この郵政民営化に対する国民の信を問う形となった。

 郵政民営化は小泉首相が就任した当初から公約として掲げられていたことであり、審議に入ってから掌を返したように反対するのは自民党の公約にも反する。前回の衆院選では小泉首相の方針を支持するか否かが問われたが、この時自民党は苦戦したものの公明党との連立によって辛くも難を逃れた。

 この時に立候補し、当選した議員はすべて小泉首相の提示した方針に賛同しているものと理解していたが、今になって何故自民党内に反対する議員がいるのか。小泉首相を支持した有権者に対する背信ではないのか。

 私は郵政民営化を支持している。民営化するとコスト削減のために離島や過疎地から郵便局がなくなると反対派は云うが、軽々しくそのようなことが行われるとは思えない。過去、国鉄がJRに分割・民営化された後に北海道でいくつかの路線が廃止されたが、これは利用者が1日一けた台にまで落ち込んだ状況で、さらに数少ない利用客に対してもバス転換など代替策を十分に検討した上での決定である。最近では広島県の可部線の一部区間が廃止されたが、やはりバス転換が行われている。郵政事業も鉄道事業と同じく公共性が高いものであり、野党が主張するような経営が行われるとは考えにくい。

 民主党は官僚出身の議員が多いにもかかわらず、この間まで官僚組織だった郵政公社を信用していないのだろうか。それとも、彼らが官僚だった頃の経験からの判断だろうか。国会中継で展開される野党議員の主張を見ると、どうも牽強付会の感が拭えない。
posted by 火銛 at 22:51| Comment(3) | TrackBack(4) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうでしょうね。公社の現在ですら、廃止になった局はありますし。
公衆電話が少なくなって苦労している身としてはなんとも。
Posted by TFTRDH at 2005年08月10日 08:42
まあ、利権とかのからみは置いておいての話です。
Posted by TFTRDH at 2005年08月10日 09:10
民営化後の郵便局の廃止はさほど問題ではありません。ほかの事業者との競争が起これば総合的にサービスを維持できますし、数が少ないとはいえ事実上独占していた顧客を逃すとは考えにくいです。
Posted by 火銛 at 2005年08月11日 09:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

緊張の夏、選挙の夏
Excerpt:  あ〜あ、とうとう衆院解散だよ・・・。orz @nifty:NEWS@nifty:衆院解散、30日公示・9月11日投票(読売新聞). 衆院解散、30日公示・9月11日投票(読売新聞)  衆院は8日夜..
Weblog: KWATのblog三号二型
Tracked: 2005-08-10 23:22

英フィナンシャルタイムズ記事「国際金融が日本の郵貯350兆円を手に入れるのは、もうちょっとの辛抱」
Excerpt:  以下文中「$3,000bn」と言うのは言わずと知れた「Japanese sav
Weblog: 雑談日記 <font size="3">(徒然なるままに、、。)</font>
Tracked: 2005-08-20 01:01

この毎日新聞の見出しのつけ方は恐ろしく「衝撃的」である。いや、間違えた「笑撃的」である。(爆笑)
Excerpt:  今まで、投稿の中で、末尾のような森田実さんの記事をご紹介してきました。でも、い
Weblog: 雑談日記 <font size="3">(徒然なるままに、、。)</font>
Tracked: 2005-08-20 01:02

「ふつうの20代30代40代、またこれからの人たちのための政治」(構造改革/郵政民営化などについて)
Excerpt: 2005/08/21 更新 「とりあえず、単に人気取りの候補者に投
Weblog: 0 1/2
Tracked: 2005-08-21 09:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。