2005年06月30日

太陽をこの手に(前編)


熱核融合実験炉本体の建設地、仏・カダラッシュに決定(読売新聞)

 【モスクワ=五十嵐孫一】太陽で起きている核融合反応を人工的に起こし、新しいエネルギー源を開発する国際熱核融合実験炉(ITER)計画に参加する6か国・地域の閣僚級会合が28日、モスクワで開かれ、ITER本体の建設地がフランスのカダラッシュに決定した。

 欧州連合(EU)と誘致を競ってきた日本は断念した見返りとして、EUとの折半出資による関連施設の建設や、本部組織となる「ITER機構」の機構長ポストなどの優遇措置を得た。

 関連施設の建設地は青森県六ヶ所村が有力だ。1985年の米ソ首脳会談で合意されて以来20年を経て、ようやくITERは現実化へ動き出す。

 会合に参加した中山文部科学相は共同記者会見で、「日本は準ホスト国として、欧州と並ぶ重要な国際研究拠点として、核融合開発に貢献できる」と述べ、関連施設誘致の意義を強調した。

 6者の共同宣言は、誘致できた国とできなかった国の役割分担についての日欧合意に「留意する」として、日欧合意文書を添付した。添付文書は、日欧がそれぞれ出資して日本に関連施設を建設することを明記。関連施設の候補として、遠隔実験研究センター、次世代炉(原型炉)設計研究センターなどを例示し、日本が選択して建設するとしている。

 関連施設について、文部科学省の坂田東一研究開発局長は28日、日本がITER建設地の誘致先として青森県六ヶ所村を推してきた経緯を踏まえ、「まずは青森県と相談し、県の意向を踏まえて対応する」と述べた。県側が関連施設の建設を求めるのは確実なことから、建設地は六ヶ所村となる公算が大きい。


ITERは簡単に言えば、『夢のエネルギー』とされている核融合発電の実験装置である。ドーナツ型の炉心の中で、5億度に加熱した水素原子同士(正確にはその同位体である重水素や三重水素)を衝突させてエネルギーを生み出す。しかし、その実現には多くの技術的困難を伴う。

一定量の濃縮ウランがあれば勝手に反応が進んでくれる核分裂と違い、核融合はまず反応を起こさせるのが極めて難しい。光速に近い速度で水素を衝突させないと核融合は起こらないからだ。一般的に、気体を加熱すると気体分子の速度は上がるので、分子の速度を速くするには気体を加熱してやればよい。

また、燃料である水素は高温高圧のプラズマ状態で存在しているので、壁と接することが出来ない。そこでITERでは外側から磁力をかけることによってプラズマをドーナツ型の中心部に浮かせて、壁が溶けるのを防いでいる。このプラズマを安定に制御することが核融合炉を実用化するための第一の課題である。

加えて、反応の過程で発生する中性子が炉の内壁と衝突することで、壁がもろくなってしまうという問題がある。この中性子に耐える、あるいは中性子を吸収する壁を作ることが第二の課題といえる。

ITER本体の建設にこれほど拘る理由は、日仏ともに自国のエネルギー安全保障のためである。石油と比べればまだ偏在性は小さいものの取れる場所が限定されるウランと違い,重水素は海水から採取することができる。つまり、海さえあればほぼ無尽蔵のエネルギーを手にするに等しい。なお、ITER参加国はすべて海を持つ。

(続く)
posted by 火銛 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4729011

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。