2006年10月11日

日本核武装論に対する疑問

 北朝鮮が核実験を行ったと宣言し、世界各国は共同して北朝鮮に対して厳しい態度をとりつつある。北朝鮮は過去に日本海で弾道ミサイルの発射実験を何回か行っており、その射程圏内にあるわが国としては看過できない問題だ。

 翻って国内を見ると、北朝鮮に対して強硬な姿勢で臨むべきとする声は多い。「目には目を」ということでわが国の核武装化を主張する意見さえ見られる。かつて国会において核武装を検討すべきと発言して要職を追われた国会議員がいたが、検討すること自体は私も吝かではない。しかし、私には核兵器を導入する利点よりも欠点のほうが多いと思えてならない。

 諸外国の間では日本に核武装をする能力はあると考えられているそうだが、現状を鑑みるに決して不可能ではない。まず核兵器の原料となる核物質だが、これは国内の原発から調達可能なので問題はない。現在開発中の核燃料サイクルが完成すれば兵器級プルトニウムの抽出さえ行うことができる。

 次にその運搬手段だが、固体燃料ロケット「M5」の技術を流用することで用意できる。再突入に関しても過去のデータの蓄積があるのでやろうと思えば不可能ではない。次期固体ロケット用の移動発射台の開発予算がすでに通っているので、発射施設についてもさほどの技術的な課題はない。戦略原潜を開発するなら話は別だが。

 核武装の利点はわざわざ述べるまでもなく周辺諸国に対する抑止力である。今回の核実験によって(成功していたとすれば)、わが国周辺における核兵器保有国は中国、ロシア、北朝鮮の3カ国(米国は同盟関係にあるため除外)であるが、わが国は核武装化すればこれらの国々に核兵器の使用を思いとどまらせることができる。

 しかしそうした利点とは別に核武装の欠点も確実に存在する。まず、予算がない。わが国の防衛予算はその8割が人件費であるために装備購入費用が少ない。通常戦力の整備をないがしろにして核兵器関連装備を調達することはできない。

 次に、核武装が外交上の失点となる可能性である。インドおよびパキスタンがNPT体制下にありながら核兵器運用能力を獲得しているが、さらに北朝鮮が核保有国となることで核拡散の懸念が高まっている。そんな中、国際社会はこれ以上核保有国が増えることを容認しないだろう。国際世論の動きによってはNPTやIAEAからの脱退さえ必要になるかもしれない。そうなるとわが国が参加している国際プロジェクトに対しても悪影響を及ぼす可能性がある。

 第三に、国内法にも反する。確かに非核三原則は法律ではなく、憲法解釈上は核兵器の保有は禁じられていないが、核武装論者が見落としている点がひとつある。
原子力基本法第二条  原子力の研究、開発及び利用は、平和の目的に限り、安全の確保を旨として、民主的な運営の下に、自主的にこれを行うものとし、その成果を公開し、進んで国際協力に資するものとする。

わが国が核武装を行うには、少なくともこの原子力基本法第二条および関連法令の改正が必要になる。

 これらの点から見て、わが国が核武装をすることは現実的ではないと私は考える。だがミサイル防衛の実効性も一部で疑問視されている以上、核兵器に対する確実な抑止力が必要だ。その点を考慮すると、核武装よりも米空軍が開発中のABL(空中発射レーザーシステム)を導入する方がよりデメリットが少ないのではないだろうか。

 参考サイト:米空軍 空中レーザー・ミサイル迎撃機 AL-1A

 ABLの射程は現時点で450kmあり、北朝鮮に対してはこれを日本海に展開させることで迎撃が可能だ。運用には早期警戒衛星と宇宙配備型赤外線探知機、弾道弾監視機などのセンサーや空中給油機、整備用のプラットフォームが必要になるが、核武装を行うだけの予算とそれに伴う外交的損失を補填するだけの人的・経済的リソースを考えるとこちらのほうがより現実的だと思う。
posted by 火銛 at 22:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そもそも、我が国が軍事に金をかけないのがすべての原因・・・とは言い過ぎですが、似たようなものですね。ただ、インドの例を見るとおり国際的にそれなりに重要視される国は核武装をしたところで結局黙認される可能性がなきにしもあらずかと。
原子力基本法については、我が国のおよび国際社会の「平和」を守るためという解釈ではだめでしょうか。
もっとも、どうせ使えないであろう核武装よりも通常軍備の充実を優先してほしいとは思います。その辺は政治的価値次第だとは思いますが。
Posted by TFTRDH at 2006年10月13日 22:17
わが国は何だかんだで諸外国に結構貸しがあるので、黙認される可能性は否定できませんね。ですが核拡散の懸念は拭いきれるものではなく、下手をすれば東アジア全体が核保有国と化する可能性さえあります。

原子力基本法についてですが、その解釈ではただの詭弁と解される可能性が大です。核兵器が平和を維持してきたのもまた事実ですが、それを認めてしまえば今度は核軍縮が難しくなると思います。

ともあれ核兵器の開発能力はすでに獲得しているので、核開発の意思があるという内容の偽情報を流しておけば牽制くらいにはなるかと。
Posted by 火銛@管理人 at 2006年10月13日 22:34
槙です。どうも、ご無沙汰してました。
日本の核武装に関しては、これはもうはっきりと無理な話で、結局はアメリカが最大の障壁になるかと思われます。「核武装=米との決別」に近い図式が出来るのは明白ですし。
兵器としての核を持つことでそのアメリカの庇護からの脱却を図るにしても、ただちに全てのシガラミを清算できるわけもなく。対米貿易や米軍引き上げなどに伴う基地跡地の問題をクリアするために支払う政治的、金銭的(特にこれ)な代償は、もはや核開発がどーとかいうレベルではなく、それこそ国家予算級(しかも複数年分)の負担になるかと。
(さらに自動車、農業や食品などの産業、資源や金融・証券取引、企業間の連結、株価――これらの大打撃を考えると、バブル崩壊後の不況どころの騒ぎじゃなくなるような)

これをある時期に一気にやるのか段階的にやるつもりなのか、核武装論者が現実的にそのへんをどのように考えているのかは知りませんが、いまの日本という国家が風潮として右向きの傾向にあることを加味したところで、まあそんな余力はないと思うわけです。
しかもこれは核武装に関連する問題の一面でしかなく、障壁は対米的なものを除いても複数あるわけで。現状では考えるのも馬鹿らしいほど荒唐無稽はな話だと思います。

私としては、世界が認識する平和が「軍事・経済・外交的な均衡状態」と非常にクールかつ現実的であるのに対し、日本が定義する平和が「武器と紛争を廃した理想上の完全平和」であることに注目しています。
普通に考えれば日本の夢物語が通用しないのは分かりますが、それを表向きでも貫き通すことが後の歴史的観点からどのように評価されるかに興味があるのです。
日本はよくも悪くも自閉症で引きこもりがちな体質を持っているからこそ、国家や民族としてのアイデンティティが保てると思うんですよね。世界的常識に迎合しちゃうと、国家としての個を保てなくなるのではないかなーと。
Posted by 槙 at 2006年10月17日 00:34
お久しぶりです。このブログは4ヶ月も放置していたのでまだ読者がいるとは考えていませんでした。嬉しい限りです。

仰るとおり、日本が核武装するには米国が障壁の一つになるでしょう。しかし米国にとっても日本は重要な貿易相手国であるため、損害を被るのは米国も同様といえます。もしこのような不穏な動きがあれば、双方が損をするのは明らかなので協力して火消しに動くと考えます。

私も思想的には中道右派に属するので、核武装を主張する人々の気持ちは理解できますし、かつては支持もしていました。しかし現実的に考えると、核兵器を持つことには本文に述べたようにいくつもの障害があります。それにIAEAからも「日本は核保有の意思なし」と見なされており、そのために核燃料サイクルのためのウラン-プルトニウム転換が認められた経緯があるので、実際に核兵器の製造を開始すると国内の原子力政策に悪影響を与える可能性もあります。

世界と日本の平和に対する考え方の相違ですが、私はどちらかといえば前者であると考えています。後者は現実的に不可能だからです。しかしそういった理想を老獪な外交的手腕によって貫徹したとすれば、それはもの凄いことだと思います。

>日本はよくも悪くも自閉症で
同意です。わが国は歴史的に海外との関わりが希薄であったために、そのメンタリティは国際的な常識とは合致しない面が多々あります。しかし闇雲に世界標準に合わせるのではなく、「我々はこういうものなのだ」と理解してもらうことも重要ではないでしょうか。
Posted by 火銛@管理人 at 2006年10月17日 21:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。