2006年03月13日

離島日記(その4)

2/24 雨時々曇

 今朝も雨は降り続いていた。昨日と同じようにテントの中で朝食を作る。今回はCSCという部に代々伝わるメニューだ。CSCとはコーン・シーチキン・コンソメの略で、これらの材料を米と一緒に炊き込んだものを指す。味は想像していたより悪くはなかった。

 潮位の関係でかなり遅めの出発時刻となるが、水汲みから戻ったところ部員が集まって誰かと議論をしているのが見えた。聞けば、この近くの休憩所を管理している人だと言う。彼の言によれば、今日は波も荒く滑りやすいので行動はやめた方が良いとのこと。パーティ全員で協議した結果、何も知らない我々よりも現地の人の方がこの地域の事情に精通しているとして、今日は一日停滞することになった。

 この協議で私は舟浮まで戻ってクイラ川に沿って半島を横断するルートを提案したが、計画にないルートを通ることはできないとして却下された。

 停滞が決まり、昼食の用意をすることになった。昼食の献立は朝に炊いたCSCをおにぎりにしたものとインスタントの沖縄そばだった。また炭水化物の組み合わせだ。何か間違ってる。

 昼食の後は自由時間だったので昼寝をしていた。1600時ごろに目を覚ますと、地元の人にテントを片付けるように言われた。というのも、我々は舟浮の集落からイダの浜へ通じる道の途中にテントを張っていたため、通行の邪魔になるとの判断からだろう。次の行程の途中にテントを張れる空間があり、そこで幕営をすることに決まりかかったが、件の休憩所の管理人氏が敷地内での幕営許可を出してくれたので幕営に関する問題は解決した。

 今日の夕食には楽しみにしている食材がある。スパムだ。この缶詰は沖縄では一般的なものらしく、1缶250円程度で買うことができた。東京でも買うことはできるが、500〜700円程度と高価だ。ちなみに、調理中にスパムを一切れつまみ食いしたのは秘密だ。

チャンプル〜作るならこれです!スパムポーク(減塩)340g×2個セット0225アップ祭10

 完成したのはスパム入りの野菜炒め。塩気の多いスパムの濃厚な味が飽きさせず、割と早く食べ切ることができた。デザートのびわの缶詰は私が選んだものだが、梅ジュースにも似た味は意外だった。

 食事の後は休憩所の敷地へ移動してテントを張ることになっていたが、ここで事件が発生した。部で使用している旧式のガソリンストーブの部品が外れなくなった。軍手を使って捻っても効果はなく、このまま仕舞うと運んでいる最中に中の灯油が漏れ出してしまう。相談した結果、明朝に管理人氏に工具を借りて直すことになった。月明かりさえない中での設営は視界不良のためにかなり苦労した。明日は晴れていることを祈りつつ、筆をおく。

sack2a.JPG砂まみれになったザックの中。
posted by 火銛 at 22:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも同じ大学、同じ部の男です。(誰でしょう?)
ブログ見たよ〜、いやーこの日は大変だったねー。
つまみ食いの話秘密じゃなくなっちゃったね
ふはははははっ!それではサラバ〜!
Posted by (T.T)イニシャル at 2006年03月15日 21:52
ちわ。この日イダの浜で泳いでいて醜態をさらした者です。離島日記読ませていただきました。やっぱり今思うと楽しかったですね。SPAMもうまかったですし。西表はここからが本番なので、これからの日記楽しみにしてます!
Posted by WTNB at 2006年03月15日 23:29
>お二方
コメントありがとうございます。予定があるので少し間が開きますが、最終日までの原稿はまとまっているので3月中には完結すると思います。乞うご期待。
Posted by 火銛@管理人 at 2006年03月16日 22:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。