2006年02月19日

踊らされている民主党とマスコミ

 ホリエモンは逮捕されてもマスコミに対してネタの提供を惜しまないつもりらしい。早速各紙とも食いついているが、疑惑の種は尽きない。

「送金指示メール」民主党が公表…送信者など黒塗り(読売新聞)

 
 民主党の野田佳彦国会対策委員長は17日夜、党本部で記者会見し、ライブドア前社長の堀江貴文被告が武部自民党幹事長の二男への送金を指示したとされる電子メールを印刷したものを公表した。

 メールの表題は「至急」で、送信者のメールアドレスを示す欄などは、永田寿康衆院議員が入手した時点ですでに塗りつぶされていたとしている。

 本文は、永田氏が16日の衆院予算委員会で公表したものと同じで、情報提供者の特定につながる部分などは永田氏が塗りつぶした。ただ、16日には公開していた二男の名前とされる部分は、私人であることに配慮し、新たに赤く塗りつぶしている。

 民主党は、情報提供者に危害が及ぶことを理由にメールの開示を拒んでいた。野田氏は記者会見で、「メールの存在すら疑われる状況になったので、情報提供者の理解を得て公表することにした」と説明した。

 記者団からは「堀江被告がメールを書いたというなら、送信者ぐらいは明らかにしてもいいのではないか」という指摘も出たが、野田氏は「明示の仕方で受取人が特定される可能性がある」と拒んだ。(2月18日3時6分)


 今日の日本テレビ「真相報道バンキシャ!」で触れていたが、ホリエモンはEudoraというメールソフトを常用しているという。しかし、公開されたメール(と思しき文書)のヘッダはEudoraの古いバージョンであることを示している。元部下の証言によれば彼はこのメールソフトを最新のものに更新していたようなので、このメールに対する疑義が生じてくる。

 このメールは本当にホリエモンが送ったものなのだろうか。問題のメールはヘッダ部分5ヶ所、文面4カ所の計9ヶ所が黒く塗りつぶされている。特に送信サーバのアドレスが不明なのはかなり痛い。送信サーバがライブドアまたはホリエモンの私用アドレスのものであればこのメールの内容は現実味を帯びてくるが、現状においてこのメールは証拠能力に乏しい。

 このメールの内容を事実として国会に提出した永田議員だが、早速突っ込まれている。電子メールには筆跡に類する個人を特定する情報がまったくなく、この種の文書はいくらでもでっち上げることができるからだ。「入手した段階で塗りつぶされていた」と彼は言うが、それならばなぜこの文書を本物であると判断したのか。推定無罪の原則に照らし合わせるならば、嫌疑不十分で釈放といったところだろう。証拠がまったくないのだから。

 永田議員は武部幹事長に対し「潔白というならその証拠を示せ」と言っているそうだが、まさしく悪魔の証明だ。このような場合、疑惑として提起した永田議員こそが証拠を示すべきであり、武部幹事長にその責任はまったくない。もし永田議員の主張が正しいのならばどのような言いがかりも通ることになる。

 それにしても、なぜこのような下らないメールに大の大人が躍起になっているのだろう。証拠にもならない文書を元に質問時間を空費し、議事に混乱を招いた永田議員と民主党は懲罰を受けて当然だと思う。
posted by 火銛 at 22:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>悪魔の証明
全くですな。そもそも、ライブドアなど政争の具にするほどもない事件だと思うのですがね。
この頃、岡田氏が大東亜戦争がらみで小泉・麻生・安部氏に喧嘩を吹っ掛けているようです。やっぱり民主党は中共の手先だなと思う今日この頃です。
Posted by TFTRDH at 2006年02月22日 10:15
このばか者を観察し手いるとこの幼児顔を見ても言動と態度を観察してもとても議員の資格はない。マアこれは日本の議員全てに当てはまることであるが、自分達を韓国や台湾、フィリピン他で逮捕や軽蔑されている議員屋よりも高尚だと思っていることが笑えるだけである。アネハ、堀江などアメリカやフランス、ドイツ、イギリス他なら直ぐに逮捕している。それ以前にこのようなやからの存在や手抜き、詐欺の手口はもう何十年も前に海外では起きていたし報道もされていたのに何等の教訓も学ばず、また、建設業界や証券業界でも同様に指摘されていたのに立法の段階でこれら諸問題を放置した事が全ての原因であり、その事実から導かれる答えはこのような幼児議員や老害の何等の成果も上げず何等の判断能力のない痴呆老人を議員にしたおばかな奴等の責任でしかない。最近も惚けて失禁までやらかした地方議員が韓国で強制的に飛行機から下ろされた事件が報道されていたがいかに馬鹿かを証明してくれたようなものである。などこの馬鹿を明治時代から繰り返しているだけのことである。
Posted by a dru de mistleked at 2006年02月24日 07:16
まずは、返信が遅くなったことをお詫びいたします。

>TFTRDH氏
結局永田議員は謝罪したそうですね。全く、脊髄ではなく脳味噌で考えてからものをいってほしいです。

>a dru de mistleked氏
はじめまして。コメントありがとうございます。有権者の責任についてですが、これは民主主義国家の弊害ともいえますね。どの国の国民も自らにふさわしい議員しか選ぶことはできません。まずは我々自身が自らを律し、正しい判断ができるようにしたいものです。
Posted by 火銛@管理人 at 2006年03月03日 23:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。