2005年12月15日

やめられないとまらないOpera

 サイドバーの下の方にあるように、私は標準のWebブラウザとして「Opera」を使用している。ネットサーフィンをしていると新しいウィンドウを開かせる設定になっているページが多く、すぐにタスクバーが満杯になってしまう。WindowsXPではグループ化機能によって改善されたようだが、それでも使いにくい。

 Operaは世界で初めて「タブ」機能を内蔵したブラウザで、ウィンドウの中の「タブ」を用いてページの切り替えを行うことができる。タブがあるからといってあまりウィンドウを開き過ぎるとどれがどれだかわからなくなるが。下の画面のタスクバーの上にあるのがタブである。
desktop.jpg

 さらに、OperaはInternet Explorer(IE)と異なり、ツールバーのカスタマイズが自由にできる。私も初めの頃は初期設定で使っていたが、最近はカスタマイズに凝り出したので上の画面のようになっている。画面をフルに使いたい場合におすすめ。

 ほかにも利点はあるのだが、眠いのでパス。Operaについての詳しい解説は以下のサイトをどうぞ。
君、Operaをつかいたまへ
Opera.html
Opera―PukiWikiPlus!
【関連する記事】
posted by 火銛 at 23:36| Comment(8) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
携帯用のoperaに興味があります。
opera software社は伸びると思いますか?
Posted by n-ozawa at 2005年12月16日 15:45
ウィルコムやauの端末にも採用が増えていますし、携帯電話のブラウザとしては高性能なのでOpera社は伸びるのではないでしょうか。

ちなみに、Opera softwareは日本に支社を設置する予定のようです。
Posted by 火銛@管理人 at 2005年12月17日 21:11
そうですか・・・。ACCESSの株は買いですか、売りですか?

operaの株も買っておきますか?

あと、microsoftがどう出てくるのか?
Posted by n-ozawa at 2005年12月18日 13:49
 実際に投資をするのであればあまり無責任なことは云えませんが、将来性はあると思います。ユーザサポートも良心的なようですし、携帯電話の高性能化がこのまま進行するのであればOperaは大きなアドバンテージを得ることになるでしょう。

 Accessとは携帯電話市場に新規参入することになったイー・アクセスのことでしょうか?

 また、Microsoftはよほど大規模な改革を遂行しない限りブラウザのシェアを回復することはできないと考えます。すでにユーザの1割程度がFirefoxへ移行しているとも聞いていますので、この傾向を食い止めない限り将来は明るくないといえます。
Posted by 火銛@管理人 at 2005年12月18日 20:30
いや、イーアクセスとは別の会社です。電機大出身の社長と、東大出身の技術担当副社長のコンビで、ここ10年くらい急成長した会社です。技術の話はだいたい、副社長が出てきますね。

メインの商品は携帯用ブラウザのNetfrontで、ドコモのfomaはこれを搭載しています。最近は、形態だけでなく、情報家電用のブラウザを強化しており、最近ではPS2に搭載されました。

ということで、operaとは真っ向から対立しています。最近は、パームソースを買収しました。

http://www.access.co.jp/top.html

株価
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=4813.t&d=c&k=c3&a=v&p=m130,m260,s&t=ay&l=off&z=m&q=c&h=on
Posted by n-ozawa at 2005年12月19日 23:53
FOMA用ブラウザの製造元ですか。株価を見た限りでは業績も順調なようですね。Operaとの競争で業界がどう変わるか楽しみです。
Posted by 火銛@管理人 at 2005年12月20日 22:26
でも、タブブラウジングってそこまで魅力的ですかねー?
Posted by マルチビタミン at 2005年12月23日 04:30
 コメントありがとうございます。
 タブブラウザにはIEなどと比べて
・システムリソースの消費が低い
・タスクバーを一杯にせずに済む
という特長があります。
 FirefoxにせよOperaにせよカスタマイズ性が高いことも利点のひとつといえます。最初は扱いにくいと感じることもあると思いますが、慣れると離れられません。お勧めです。
Posted by 火銛@管理人 at 2005年12月23日 22:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10707954

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。