2005年11月28日

西村議員逮捕

西村真議員を逮捕…弁護士名義貸し190件(読売新聞)

 西村真悟・民主党衆院議員(57)(比例近畿ブロック)をめぐる弁護士法違反事件で、大阪地検特捜部と大阪府警警備部は28日、非弁活動に弁護士名義を貸したとして、西村容疑者ら3人を同法違反(名義貸し)の容疑で逮捕した。

 西村容疑者の名義貸しは、1998年5月から計約190件に上っており、自らの法律事務所元職員鈴木浩治容疑者(52)(同法違反容疑などで逮捕済み)に「残務処理」を指示した2000年末以降も、鈴木容疑者が新たに請け負った事件の受任時期が明記されたリストで報告を受けていた。特捜部はリストを押収し、非弁活動の容認を裏付ける物証としている。

 ほかに逮捕されたのは、政策秘書の佐々木俊夫(47)と、議員事務所事務員の寺沢秀美(44)の両容疑者。

 特捜部と府警の調べによると、西村容疑者らは、鈴木容疑者が弁護士資格がないのに、98年5月〜昨年2月の間、43件の交通事故の損害賠償請求や示談交渉などの非弁活動を行っていることを知りながら、弁護士の名義を使わせた疑い。

 西村容疑者は逮捕容疑を認めているという。

 佐々木容疑者は、鈴木容疑者から非弁活動の報告を受けるなどし、寺沢容疑者も加担したという。

 西村容疑者は、鈴木容疑者が非弁活動で得た犯罪収益から、計約800万円を名義貸しの対価として受け取ったとされ、特捜部などでは、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益の収受)容疑でも立件する方針。
(2005年11月28日14時33分)

 西村真悟議員といえば「たけしのTVタックル!」などのTV番組などでもおなじみの国会議員であり、拉致事件をめぐる言動で注目を集めていた。その西村議員が逮捕となれば、彼が所属するん民主党や拉致議連としてもイメージダウンは免れないだろう。

 西村議員といえば「日本は核武装すべきだ」との意見が週刊誌に掲載され、これが原因で防衛政務次官を辞任した経緯がある。あくまで個人としての主張であり、このような主張をしただけで辞任するには当たらないと思うが、実際には日本が核武装するメリットはほとんどなく現実的とはいえない。

 この時は核武装関連の発言のほか、西村議員が行った国会内での不適切ともいえる発言も問題となった(詳細はこちらを参照)。確かに、「強姦」云々など国会議員が議場で行う発言としては品位を欠くと云わざるを得ない。

 西村議員は個人としてみるならば魅力ある好人物であり、国家の将来を憂う政治家であると推察する。しかし、自分の行動や言動が世間にどのような影響を与えるかを見定める能力には欠けていたようだ。テレビ番組などを見ると、彼の発言は世論に対する説得あるいは忠告といった形態をとらず、自己の主張のみであったと感じている。要するに、「初心者には刺激が強すぎる」ということ。憶測に過ぎないが今回の一件でも、鈴木容疑者が多忙な西村議員の代わりに弁護士業務の一部を行い、代わりに報酬を受け取っていたのだろうと考えている。結果としては違法行為だったのだが。

 私は今回の事件が発覚し、西村議員が逮捕されるまでは彼を支持していた。核武装云々はともかく、彼の主張には頷ける部分があり、馬鹿揃いの民主党(参考)の中にあってひときわ異彩を放っていた。彼が民主党に所属していることの是非については論争があったようだが、彼の存在が民主党に対して消極的にせよ期待する理由のひとつでもあった。西村議員には法廷ですべてを明らかにし、罪を償った後にまた国会で活躍して頂きたいと思う。あの辻本清美や鈴木宗男ですら復活できたのだ。連中にできて彼にできないはずがない。
posted by 火銛 at 23:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

携帯防災のすすめ(その11)


・帰宅訓練を終えて(続き)

 帰宅訓練の成果は防災セットそのものの改良にもつながる。まず、長時間の行動だったが実際にはそれほどバテを感じたわけではなく、足腰の痛みのほうが大きかった。これは私が大学でワンダーフォーゲル部に所属していることとも関連するかもしれないが、長距離の歩行による純粋な疲労は我々が想像するよりも小さいようだ。

 従って、非常食は純粋に帰宅のみを目的とするならそれほど多くなくてもよい。その9を読んで頂ければ分かるとおり、私は主要な非常食として携行した航空用救難食糧を全行程中1食しか消費していない。このwebページによれば、1時間のウォーキングでおよそ100kcalのエネルギーを消費するという。私は今回の帰宅訓練でおよそ8時間半歩いたので、850kcalのエネルギーを消費したことになる。航空用救難食糧は1食305kcalだから、8時間歩くためには2食もあれば十分ということになる。足りない分は飴やチョコレートなどの嗜好品で補えるので、3食以上、今回の私のように5食入りの缶ごと持つ必要はないといえる。

 ただし、その10で言及したように行程を2日に分けるなら、その分の食糧も余分に持って行く必要がある。すべてを自分で賄うならもう2〜3食分程度追加する必要があるが、避難所の当てがあるなら減らすこともできる。時間の経過により治安が回復し、避難所が機能し始めたら水も補給できるので、防災セットを軽量化したい場合は避難所の利用を前提としてもよいのではないかと思う。

 また、この行程中に消費した水は大体0.7〜0.8リットル程度である。ザックの脇に入れておいたペットボトル1本とプラティパスから少々水を飲んだので、予備を入れても水の量は1リットル程度で事足りることになる。重ねて述べるが、この数値は純粋に帰宅という本来の目的に限定した場合の量だ。混乱を避けるために被災した場所や会社、学校などに数日間とどまる場合は当然、これ以上の量が必要になる。

 帰宅用(携帯型)防災セットを使って20km以上の長距離を移動するなら食料を多く持つよりも水を入れるか、あるいは足腰の疲労低減のために何か対策を講じたほうがよいと思う。後者は具体的には靴に関連する事柄だが、興味のあるテーマなのでいずれ紹介する予定。
posted by 火銛 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

携帯防災のすすめ(その10)

筆者注:今回の内容は前のエントリの続きになっているので、未読の方はその9を先にお読みください。

・帰宅訓練を終えて

 今回の帰宅訓練を元に避難時の行動を考えてみた。まず重要なのは、防災セットがあるからといって無闇に避難しようとしないことだ。大規模災害時には主要な道路で交通規制が行われる他、その道路が寸断されていることも考えられる。似たようなことを考える人は意外と多いもので、災害発生後しばらくすると、帰宅難民となった人々が数万人単位で主要な道路に殺到することも予想される。まずは落ち着いてラジオやテレビなどのメディアを通じて情報収集を行い、落ち着いて次にとるべき行動を決める必要がある。

 過去の記事では触れなかったが、徒歩で通勤・通学する人でも避難するときには地図が必要になる。というのも我々は普段、周りの建物の位置関係を見ながら道を覚えているので、建物が崩れる可能性が高い地震の場合には、その記憶が使えなくなってしまう。そこで、電柱や交差点名などから現在位置がわかる道路地図を1冊は用意しておくとよい。少し大きめの本屋に行くと文庫サイズの都市圏地図があるので、鞄の中に入れておくと安心できると思う。

 また、これは避難中に気づいたことだが、避難する道のりが20km以上に及ぶ場合は行程を2日間に分けるなど疲労を軽減する対策を採らないと、今回の私のように全身の筋肉痛に苦しむことになる。普段あまり運動をしない方ならばなおの事気を遣う必要がある。ただ、行程中に都合よく避難所があるとは限らないので、事前によく確認することが大事だ。下に紹介する地図には、東京、大阪の各都心から避難する場合の経路とその途中にある支援施設が方向別に掲載されている。ただ、掲載されている範囲がごく限られているので、そこから外れている地域に住んでいる人には不満の残る内容。


posted by 火銛 at 22:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

携帯防災のすすめ(その9)


・帰宅訓練

 これまで十数回にわたって携帯できる防災用品を紹介してきたが、安全に帰宅するためにはぜひ一度、実際に歩いてみることをお奨めしたい。事前に決めておいた帰宅ルートを実際に歩き、非常時の視点から周辺を観察することで、万が一のときには安全に行動できる。「訓練は実戦のごとく、実戦は訓練のごとく」とはこういう意味なのだろうと考えている。

 私は横浜市の南の外れのほうに住んでおり、毎日電車を使って東京都世田谷区内にある大学に通っている。距離にするとおおよそ35km程度なので、歩く速度を時速4kmとすると8時間強という計算になる。ちょうど文化祭前の準備とやらで午前中のみの用事があったので、その帰りに帰宅訓練を行った。

 特に用事のない日にしなかったのは、実際の災害時に体調が万全だとは限らないと考えたからだ。瓦礫の除去や応急処置、さらには怪我などで帰宅できる時期には体力的にも精神的にも疲労していることが考えられる。電話の不通が続いていれば家族の安否も心配になる。そういうわけで、災害時にかかる負担には遠く及ばないが、実際に体に負荷をかけてみた次第だ。

 日時:平成17年11月3日(木)
 経路:武蔵工業大学→(多摩堤通り)→丸子橋→(綱島街道)→菊名駅→(旧綱島街道)→横浜駅周辺→(国道16号)→関内駅→(国道16号)→吉野町交差点→(鎌倉街道)→本郷台駅(自宅の最寄駅)→自宅
 天候:曇り時々雨

1150 出発
 多摩川沿いの住宅地を河口へ向かって歩く。午前中に行った作業は荷物運びで、さほどの負荷にはならなかった。30分ほどで丸子橋に到着し、多摩川を渡って神奈川県へ。橋を渡り終えると交差点が見えたので左に曲がる。その先に見えた標識には「横浜 19km」とあった。

1240 武蔵小杉駅付近で10分休憩
 丸子橋から菊名駅までは通学に利用している東急東横線に並行する形で歩くことになる。最近は女性専用車が入って乗りにくくなった…。閑話休題。駅近辺にあるスポーツクラブの入り口で小休止し、昼食代わりのグラノーラビスケットを頂く。水分は出発直前にプラティパスに入れた2リットルほどと、500mlペットボトルに入れた麦茶があるので、先に麦茶から消費した。

1325 日吉駅を通過
 この頃になって足の痛みを知覚し始める。日吉駅前は地下鉄の工事と大量の自転車が障害になり、迂回が必要になるかもしれない。

1340 北綱島交差点で10分休憩
 基本的には50分歩き、10分休憩というスタイルを繰り返して行動している。松下電工の建物があったのでその北側の交差点脇に座り込んで小休止。

1405 鶴見川を渡る
DSC00039.JPG 今回は最短距離を通る経路を選択したが、地震の際には橋が落ちていることも十分に予想できる。しかし、自主防災組織が渡し舟を行っていたり、大きな道路ならば自衛隊が橋を架けていたりする可能性もある。いずれにしても状況をよく見極め、臨機応変に対処したい。

1440 菊名駅で10分休憩
 私はこの時点で、予定より早く帰宅できると考えていた。しかしこの予想は次の行程で大きく裏切られることになる。

1540 神奈川工業高校付近で10分休憩、救難食糧Aを消費
 疲労からか、行動距離が少し短くなった。足の痛みはだんだんと無視できなくなりつつあり、以降の行程の険しさを予感させる。最大の難所になるであろう横浜駅はもうすぐだ。

1603 雨が降り出す
 反町駅を過ぎたあたりで雨が降り出した。通り雨のようだったのですぐやむと思っていたのだが、予想に反し雨足が強まったのでやむなく一時休止し、ザックカバーを用意した。もっとも、この後しばらくすると止んでしまったので全くの杞憂に終わったが。

 この後、横浜駅を迂回して六角橋を渡り、桜木町方面へ抜けるルートを取った。

1640 高島町交差点で10分休憩、救難食糧Bを消費
 雨はほぼ止んだが、そろそろ暗くなるので行動には注意を要する。

1745 吉野町駅前バス停で10分休憩
 この間、関内駅手前から国道16号に入ったのだが、足の痛みはピークに達しつつあった。過去にハイキングや登山で長い行程を歩いたことはあったのだがそれでも20km程度なので、少なくとも19km以上歩いているこの時点での疲労は今までに経験したことのないものだった。

1840 上大岡駅で10分休憩
 長いこと我慢していたのだが耐え切れず、ついにトイレに駆け込む。なお、全行程中トイレに立ったのはこの1回のみである。なお、災害時にはトイレをはじめとする衛生設備が不足することが予想されている。可能ならば使い捨ての携帯トイレもセットに加えたいが、良さそうな製品はまだ見つかっていない。

2025 本郷台駅に到着
 8時間35分かけてようやく帰宅することができた。10分ずつ休憩を入れているので、歩くときの速度は時速4kmより若干速いことになる。なお、この後3日ほど足、腿、肩の筋肉痛が取れなかったことを付け加えておく。


 帰宅訓練を終えた段階で気づいたいくつかの改良点があるが、長くなったので項を改めて紹介したい。
posted by 火銛 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

携帯防災のすすめ(その8)

・雨具

 避難中に雨が降ることも十分に考えられる。しかし折り畳み傘などの雨具では、手が疲れる上に片手がふさがるので転倒を招きやすい。瓦礫が散乱している道路ではなおさらだ。やはりここはレインコートなどを用意しておきたい。といっても、2万円ほどもする高価な登山用雨具を用意する必要はない。非常用と割り切るなら、こういった便利なものがある。

ハンディーポンチョ イエローハンディーポンチョ イエロー

 薄手の素材でできた軽量なレインコートで、大きさは文庫本と同じくらい。歩いていると足元などは濡れてしまうが、上半身を完全に覆ってくれるので風邪を引くことはない。また非常に安価なので、予備をもう1個用意して人にあげるといった使い方もある。


・エマージェンシーブランケット

 大怪我をしたときや野宿をするときなど、体温の低下を防ぐ必要があるときはエマージェンシーブランケットを使うとよい。これは非常に薄いフィルムにアルミを吹き付けたもので、宇宙服にも使われている断熱素材でもある。それだけに薄さからは想像できないほどの性能を持ち、その断熱効果は毛布3枚分に及ぶという。

【MPI】エマージェンシーブランケット【MPI】エマージェンシーブランケット

 しかし、欠点もある。その薄さと軽さから、外で使うと少々の風でも飛んでしまい、すきま風が入るので完全な断熱状態を保つのは難しい。加えて、体を動かすたびにアルミがこすれる音がするので、避難所で寝るために使うのは避けたほうが良いだろう。結論としては、最初に述べたように外で寝るか、動けないけが人や病人に対して使うしかない。
posted by 火銛 at 18:34| Comment(5) | TrackBack(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

空から温暖化を監視

旅客機で上空のCO2測定、温暖化解明へ世界初の観測(読売新聞)

 国際線旅客機に搭載した測定器で上空の二酸化炭素(CO2)濃度を調べる世界初の観測が5日から始まる。


 国立環境研究所(茨城県つくば市)と日本航空などが協力して行う。

 航空機を「動く観測基地」として使うことで、シベリアや東南アジアなど、これまでデータが乏しかった地域の測定が可能になり、二酸化炭素濃度が大きく影響するとされる地球温暖化のメカニズム解明などに役立つと期待される。

 大気上層の二酸化炭素濃度測定は、地上の観測施設のほか、衛星観測の技術も開発中。しかし、地上からの観測は高精度だが観測範囲が狭く、逆に衛星では範囲が広すぎて精度が落ちる。

 航空機での測定は、両者の弱点を補おうと考え出されたアイデア。赤外線分光計を使い、二酸化炭素濃度を10秒から1分間隔で測定できる。

 (中略)

 測定器を搭載する5機は、シベリア上空を通過する欧州路線や、東南アジアのシンガポール線などを飛ぶ。これらの地域は針葉樹林や熱帯雨林が広がっており、観測施設の「空白地帯」となっていた。

 計画に参加している宇宙航空研究開発機構の小川利紘・東大名誉教授は、「地球規模での二酸化炭素の循環や、熱帯雨林が持つ二酸化炭素の吸収能力などの解明に役立つはず」と話している。
(2005年11月4日14時35分)

 飛行機を使った二酸化炭素濃度の測定は衛星と地上観測の間を埋めるという点で画期的な方法といえる。特に東南アジアは観光地化や経済発展のおかげで国際航空路が充実しているので、二酸化炭素の分布を調べるのに適している環境だ。

 今回、東南アジアとシベリアが観測区域に追加されたのは良いことだが、例えばアフリカなどの飛行機があまり運航されていない地域の観測はどうすればよいだろうか。アフリカには大きな空港が少なく、日本からの直行便がないことからも航空路が少ないことがわかる。大型機は運航しておらず、地形の関係上地上設備の設置にも限界がある。観測装置の重量にもよるがあえて考えるならば、やはり小型機に搭載して飛ばすといったところか。

 もうひとつ疑問がある。飛行機自体が出す二酸化炭素は観測に影響を与えないのだろうか。ジャンボのような大型機は例外なくジェットエンジンを搭載しており、消費する燃料は膨大な量になる。燃料の消費が激しいということは、それを燃やして発生する二酸化炭素の量もまた多いということ。観測に使われる機体が少ないことと、観測機器が機体下部に取り付けられることから誤差の範囲内と判断したのかもしれないが、気になるところではある。


11/06追記
 ゆんなのだいしゃりんの管理者の方へ

 本記事に対してトラックバックを送られたようですが、貴サイトの内容は本記事の内容と関連するとはいえないと判断したため、当該トラックバックを削除しました。
posted by 火銛 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 提案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。