2005年08月27日

携帯防災のすすめ(その3)


・情報収集

 ある程度安全を確保したら、次に必要なのは情報収集だ。今や日本人のほとんどが持っている携帯電話はカメラ、webブラウザ、GPS、MP3プレーヤーなど、すでに個人用のコンピュータといえる段階にまで進化している。iモードやEZwebなどのインターネット接続サービスは音声通話と同じく有効なコミュニケーションの手段たり得る。我々はこれらを積極的に活用すべきだ。無論、電池使用の急速充電器を忘れてはならないが。

 ただし、災害時に携帯電話を利用する場合、重大な問題がある。新潟県中越地震以降、電話が通じない状況でも携帯メールは使用可能といわれているが、この認識は半分は正しく、半分は間違っている。第2世代までの携帯電話は通話とメールを別々に管理していたが、第3世代はこれを一括して管理しているためにデータ通信も規制される。携帯電話各社では分離規制に対応しつつあるようだが、先日の千葉県北西部地震の際もauやNTTドコモの第3世代型機を対象に通話(データ通信を含む)規制が行われた。

 参考サイト:IT Proニュース

 ボーダフォンの第3世代型機ではこの通話規制が行われなかったが、私はこれを加入者の減少によって回線に余裕ができていたためと判断している。なおツーカーに関しては電話機が第2世代型のみであることと、東名阪地域以外ではボーダフォンの回線をローミングしていることから通話規制は起こらないものと考えていたが、実際は通話とデータ通信を一括管理していたために回線が輻輳し、通話規制が行われた。

 また、ドコモとauは両社が運営する災害用伝言板サービスの相互リンクによる連携を行うと表明している。

 参考サイト:KDDIプレスリリース

 携帯電話に加えて、ラジオがあるとなお良い。ソニーや松下など複数のメーカーから通勤用の小型ラジオが発売されている。これらのうち一部の製品はテレビの音声も聞くことができるので、情報収集の際の選択肢が増える。

 通常、防災用品としてのラジオを選ぶ際は手回し式の発電機を内蔵する製品を選ぶのがセオリーだが、これらは例外なく一定の大きさと重さを占め、防災セットとしての携帯性を著しく損ねてしまう。かろうじて携帯できるものとしては、以下の製品が挙げられる。

LEDダイナモ・ステーション(ラジオ付き)LEDダイナモ・ステーション(ラジオ付き)
◆レスQ隊◆多機能!自家発電 帯充電器 ラジオ◆レスQ隊◆多機能!自家発電 帯充電器 ラジオ

 紹介した2製品はライトや携帯電話への充電の機能も兼ねているものの、携帯性は通勤用ラジオに及ばない。発電機つきの製品を携帯するよりは予備の電池を増やすほうが現実的と考える。

 また、ラジオから流れる音楽の生理的作用も無視することはできない。音楽再生機能付きの携帯電話にも言えることだが、音楽には精神を落ち着かせ、感情を正常化する作用がある。云うまでもないことだが、災害発生時は自然への恐怖や知人を失う悲しみで気分が滅入り、不安になることだろう。だが、切羽詰まっているときにこそ娯楽は一服の清涼剤たり得る。そのような時に音楽を聴くことによって、少しでも精神的な安定を得ることができれば、いずれ訪れる避難生活や復興も乗り切ることができるのではないかと思う。

 参考サイト:音楽療法入門〜音楽の作用と機能
posted by 火銛 at 22:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。