2005年08月14日

餌が食べる牛

 映画を見たあと、友人と昼食をとってからしばらく遊び、マクドナルドに寄って休憩していた。マックでは品物を載せるトレイに広告の入った紙が置いてあるのだが、友人がこれに書かれている文章に気づいた。以下引用(改行はそのまま)。

ファーストフード。
  そのおいしさや安心は、
スローに
  つくられています。

水の一滴。
草の一本。
餌から守られた
牛たちは、
雲が恵む
緑の大地で、
ゆっくり、
しっかり、
育てられていた。
オーストラリア、
ビクトリア州
アラワタ牧場。
午前7時2分。

 『餌から守られた』とは、つまりこういうことだろう。この牧場では、毎日餌が牛を食べてしまうので、牧場主はそのような事が起こらないよう常に目を光らせている。

 牛が目を覚まし、牛舎の外へ出る時は餌が襲ってきた時に備えて一頭につき二人の武装した警備員を護衛として配置しておく。一人は牛の右前方、もう一人は左後方に占位し、全周警戒を怠らない。放牧中も然り。牛舎から放牧場へ向かう道と、放牧場の外周には警報装置と対人地雷が備えられ、餌の進入を警戒している。さらに、万一餌の襲撃があった場合のために予備兵力として完全武装の二個小隊を牛舎の警備担当として配置し、襲撃の際は迅速にこれを殲滅する。牧場は山間部にあるために遮蔽物も多い。かくして、アラワタ牧場はテロリストも裸足で逃げ出す難攻不落の要害として君臨するのである。

 …ではこの牧場の牛は普段、何を食べて生きているのだろう?
posted by 火銛 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『亡国のイージス』感想

 現在公開中の映画『亡国のイージス』を友人と観に行った。7月30日のエントリでも述べたとおり、原作を読んでいたこともあって非常に楽しみにしていた。以下感想(ネタバレ防止のため反転)。

 やはり、原作を読んでから映画を観るべきではない。『ローレライ』の時にも感じたことだが、人物描写が全体的に足りないように感じられた。先任伍長が艦内の二酸化炭素消火設備を起動する場面で、原作にある『おれの船から出て行け!』という台詞が映画ではカットされていたり、ヨンファがテロに走る動機が不明瞭だったり、ジョンヒの接吻(人工呼吸なのだが)から続く説得がカットされていたり、重要(だと私が考えている)場面がいくつかカットされている。

 確かに、650ページに及ぶ超長編を2時間にまとめる関係上、どうしてもいくつかの場面は削らねばならないだろう。しかし、肝心の護衛艦を占拠する理由が不明瞭では、観客はヨンファに感情移入することができない。そのためにヨンファが『ただの悪役』に成り下がっているのは残念だ。

 期待していたリアリティだが、こちらは本物を使用しているだけあって素晴らしいものだった。協力した防衛庁も良い宣伝になると踏んだのだろう。だからなのか、クレジットで協力した部隊と艦名が出ていたのはよかったと思う。ただし、疑問点が一つある。『いそかぜ』を沈めるためにF-2支援戦闘機に攻撃命令を出す場面で、阻止限界線を越える前に三沢から発進して間に合うのだろうか。三沢基地から東京湾までは直線距離で約640km(=346NM)である。1,000ktで飛んだとしてもおおよそ20分程度かかる計算になるのだが、果たして間に合うのだろうか。見ていたときはあまり気に留めていなかったので詳細を覚えていないのだが、気になるところである。


 映画を見たあと、ロビーに展示されていた撮影用の制服を見ていたときに50代半ばくらいの男性が肩の階級章について(頼みもしないのに)講釈してくれた(しかも、あとで確認してみたらいくつか間違いが含まれていた)。しかし、話は段々と脱線し、最近の若者は根性が足りないという話になっていった。最近の若者としては面白くないので、何か反論をしようと思ったのだが、面倒なので放っておいたら去っていった。

 私は映画を見るときには大概パンフレットを購入するのだが、今回は1,000円と高価だったので見送り、代わりに『爆砲団子』という餅団子を購入した。これは12個入りのうち2個に激辛唐辛子入り餅団子「GUSOH」が含まれているというロシアンルーレットじみた代物。ちなみにGUSOHとは劇中に登場した1リットルで1,000万人を殺害できる化学兵器のこと。確率が1/6なのはリボルバーの装弾数に掛けているのか、あるいは劇中に登場した組織『ダイス』に掛けているのかは定かではないが、家族に見せたところ不評だった。仕方がないので1つ適当に選んで食べてみたところ、見事にそのGUSOH入り団子を引き当ててしまった。辛い。とても辛い。家族に喜ばれないものを買った罰かと思った。
posted by 火銛 at 21:34| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。