2005年07月31日

東海ってどこの海?

米議会図書館の19世紀地図、8割超が「日本海」表記(読売新聞)

 外務省は、米議会図書館所蔵の14―19世紀の地図を対象に、日本海海域の名称がどのように表記されているか調査し、このほど、その結果をまとめた。

 19世紀の地図の8割超が「日本海」と表記しており、「19世紀初頭からヨーロッパで日本海の呼称が定着していた」という日本政府の主張が裏付けられたとしている。

 調査対象は1730枚で、このうち、1435枚は日本海海域に何らかの呼称を記載していた。内訳は、「日本海」が77%に上り、「朝鮮海」が13%、「中国海」は2%、「東洋海」が1%、「東海」は0.1%だった。

 19世紀発行の1285枚に限ると、「日本海」は82%を占め、「朝鮮海」は7%。「東洋海」と記した地図は2枚、「東海」は1枚だった。

 韓国は「『日本海』が定着したのは、日本の植民地主義が原因」などと主張し、「東海」と名称を変えるよう国際社会に働きかけている。


 韓国が如何に喚こうと、日本海が日本海である事実は消えない。外務省の主張にもあるように、当該海域は日本列島によって太平洋から切り離されることで存立しているのであり、こうした地理的特性のゆえに「日本海」の名称は広く受け入れられている。

 「東海」を英語に訳すと"east sea"となるが、すべての沿岸国が自国から見て東側にある海をこう名づけていたのでは、同じ名前の海ばかりで世界中が混乱することだろう。海の名称を決める時に、その海域の周辺の陸地を以ってその海の名称とすることは普遍的に行われていた。「東シナ海」「メキシコ湾」「カリブ海」など、外務省パンフレットによれば、地名によって決定された海域名称は日本海を含めて24例ある。参考までに「東海」をドイツ語に訳すと"Ostsee"となるが、実はこの単語はバルト海を示している。こういった例は世界地図を探せば枚挙に暇が無い。

 仮に日本海を東海とした場合、気象予報士の仕事は今以上に厄介になる。日本には東海地方という地域がある。知っての通り愛知県、岐阜県の一部、三重県の一部の総称であるが、韓国及び北朝鮮が主張する「東海」とは何らの関連性も無い。「東海地方」と「東海側」では視聴者は混乱する一方だろう。

 結局のところ、単に「東海」と言っただけではどこの海なのか全く分からない。エジプトで「東の海」と言えば紅海だろうし、イギリスならばさしずめ北海だろう。韓国や北朝鮮が日本海を東海と呼ぶのは勝手だが、それを国際社会に押し付けようとするあたりに彼の民族特有の傲慢さを感じる。
posted by 火銛 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。